zackey推し

プログラミングとか色々書いてきます

【振り返り】2018年のアウトプット

この記事は「エンジニアの登壇を応援する会 Advent Calendar 2018
5日目の記事です。

adventar.org

4日目は 脱脂綿さん、お疲れ様でした!

dassimen-engineer.hatenablog.com

はじめに

初めてのアウトプットは2017年12月でしたが、
2018年はほんと多くの方に背中を押されてアウトプットをしてきたなと、
この記事を書きながらしみじみ思います。

本記事では、Adventarのトップページに記載していただいている
以下ヒントになぞって、2018年のアウトプットを振り返っていきたいと思います。

  • あなたは今年1年でどんなアウトプットをした?
  • アウトプットによってあなたはどう変わった?何が得られた?
  • 来年あなたはどんなアウトプットをしてみたい?
  • アウトプットを始める人に応援メッセージを書こう
  • あなたが今年一番感動した他の人のアウトプットって何?
  • 初めての登壇までのエピソード

ではでは、振り返りはじめ〜 (´・ω・`)

振り返り

あなたは今年1年でどんなアウトプットをした?

投稿(2018年12月05日)時点では以下になります。

あああ!speakerdeckで初めて★をいただけた...!
めっちゃ嬉しい...(´;ω;`)

合計してみると37
アウトプットが2018年後半になって加速してきたので、
2019年はもっとアウトプットできるかも...?

アウトプットによってあなたはどう変わった?何が得られた?

結構変わったこと、得られたものは多いですね。

  • アウトプットのために継続的に勉強(インプット)するようになった
  • ブログ記事を書くのが苦ではなくなってきた
    • 楽しいまでまだ至ってない
  • 少し人生始まってきた感ある
    • スカウトがあった
    • Excelスクショマンから卒業?できた
  • 登壇・LTしたい欲でてきた
  • 友達?増えた
  • 趣味が増えた
    • 登山
    • トレイルラン
    • TRPG(今はまだCoCだけ)

アウトプット前の自分は、特にやりたいこともなく、
休日はだらだらとPrimeVideoやニコニコ動画を観たり、
昼飲みして人生を消費してた感じなので、
アウトプットを通してエンジニア・社会人としても始まった感じがあります。
※もう29歳だけど...(´・ω・`)

来年あなたはどんなアウトプットをしてみたい?

最初はカンファレンスに登壇したいと思ってましたが、
ちょっと無理かもしれない。

アウトプットを通して、自分の引き出しの無さを痛感したためです。
(今まで頑張って勉強してこなかったツケですね。)

なので、来年は技術的なことで登壇・LTするということを
目標にしたいと思います。
でも、アウトプットを通して現在成長中の身なので、
また心変わりするかもしれない...

アウトプットを始める人に応援メッセージを書こう

  • 批判(マサカリ)とかされたらどうしよう
  • フィードバック受けられなかったら落ち込む
  • 自分がアウトプットできることなんてない

上記はアウトプット前の自分が思っていたことです。
同じ気持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

でも、大丈夫です。 アウトプットは手軽なことから始められます。

自分ではてなブログを開設して、学習記録を記事として投稿していく。
そして、問題に直面してあまりググっても出てこない解決策を導き出したら、
それをアウトプットしていけばいいと思います。

今は批判(マサカリ)されることもあまりなくなってきている感じもします。
(自分の所感ですが)
なので、恐れずに最初の一歩・アウトプットを始めてみましょう!

あなたが今年一番感動した他の人のアウトプットって何?

同じアウトプット仲間である kent さんが、
builderscon tokyo 2018で行ったLTですね。

Lightning Talks - builderscon tokyo 2018 - YouTube

スーファミというキャッチーなタイトル、
そのテーマに合わせたスライド&発表内容、
デモまで作ってきたことに感動...というか、
クオリティの高さに「自分も頑張らなくては!」と励まされたため、
自分はこのLTが2018年で一番感動したアウトプットとしました。

初めての登壇までのエピソード

自分の場合は、ariakiさんに背中を押されて、
初めての社外登壇を行うことができました。
スライドはこちら。

実は2018年はconnpassやtechplay等で公開されているイベントで、
登壇することは考えてませんでした。

やはり、自分にはまだ早いと思っていたからです。

でも、Qiitaやブログ・社内登壇といったアウトプットを通して、
いつか社外での登壇をやりたい...!と気持ちは高ぶっていきました。

そんな中、社内勉強会にariakiさんがきてくださり、
その後の懇親会で登壇してみては? という流れになり...って感じですね。

あの時、背中を押してくれてなかったら、今も登壇はしてなかったと思います。
やはり、背中を押す・押されるということは大事ですね。

まとめ

振り返りしゅ〜りょ〜 (´・ω・`) オツカレー

2018年はほんとに背中を押されたに尽きますね。
2019年は背中を押す側としてもがんばっていきたいです(`・ω・´)

6日目はmasuipeoさん!
なんでも「1年で4冊出版した話」の記事を書かれるそうな...
乞うご期待!

ではみなさん、2019年もアウトプットがんばりませう!