zackey推し

プログラミングとか色々書いてきます

【AWS】【備忘録】全般ざっくり学習記録

AWSを学び始めたのでその学習記録です。
順次追記予定です。

IAMユーザー

概要

作業用アカウントというイメージ。

ルートユーザーはAWSのプラン等の管理系の変更を行い、
IAMユーザーでEC2インスタンスの作成等の作業をするような役割分担。

ユーザー作成の際、権限設定も行える。

IAMユーザーアクセス用のURL

IAM - ダッシュボードのIAM ユーザーのサインインリン参照。
カスタマイズ(任意のURLに変更)することも可能。

ログ

CloudTrailというサービスを使用する。

概要

操作ログの自動取得サービス。
デフォルト有効状態。

S3に証跡を残すことが可能。
また、操作ログだけでなく、他サービスとの連携も可能。

S3バケット

S3にログを残していくことになるが、
全世界でユニークとなるフォルダ名を入力する必要がある。

また、ログを残す情報(リージョン等)を設定できるが、
デフォルト全てという設定になっている。

ログを残し続けると、S3のボリュームが大きくなり、
料金が加算されやすいため、注意すること。

料金アラート

CloudWatchというサービスを使用する。

概要

特定の利用料金を釣果したら、通知するような設定が行える。
💲指定で料金を指定、指定したメールアドレスへアラートを送るといったような感じ。

EC2

概要

  • 仮想コンピューティング環境
    • ざっくり表現するとサーバ
  • OSより上のレイヤについてはカスタマイズ可能
  • 使用時間に沿った従量課金制
  • AMI(AmazonMachineImage)
    • ざっくり、サーバのイメージ(Dockerイメージと似ている)みたいなもの
    • EC2作成時の元となる
  • EBS(ディスク)
    • ストレージのみ
    • スナップショットというものを使う
  • ElasticIP
    • EC2はインスタンス開始するとIPが毎回変わってしまう
    • ElasticIPでIP払い出し、EC2インスタンスへの割り当てでIP固定化してあげると良い
    • ただ、ElasticIPは課金注意
      • IP払い出し後、未割り当て状態でも課金が発生する
      • 使わないのならIPを解放しておくと良い

その他(メモ的な)